少年の心をもった大人

ボードゲーム、カードゲーム、アニメなど少年のための記事と、ガジェット、生活改善など大人のための記事が入り混じってます。

MENU

令和では時代遅れ?「機動戦士ガンダム(ファーストガンダム)」作品紹介&考察

 

 

こんにちは。てんすけです。

今回は「機動戦士ガンダム」いわゆるファーストガンダムの考察をしたいと思います。

f:id:p_tenchan321:20220207223550p:plain



初めて機動戦士ガンダムと出会ったのは、小学5年生のころ。

近くの模型屋さんで飾られていたガンプラかっこよさにほれた時でした。

bandai-hobby.net

ガンプラから入った私ですが、原作であるアニメも見ようツタヤで速攻ビデオを借りては何度も見た思い出があります。

 

今回の記事では、長年多くの人に愛されたアニメ機動戦士ガンダム」が令和に生きる我々から見てどう映るのか。

 

さすがにもう賞味期限切れなのか?

 

そんなことについて考えていきたいと思います。

 

機動戦士ガンダム」見るならNetflixAmazonプライムがおすすめ。

www.amazon.co.jp

www.netflix.com

 

注意

ここからネタバレあります

 

 

 

令和では時代遅れなのか

 

結論から言います。

 

 

ずばり

 

 

ファーストガンダムには今でも色褪せない魅力がある!

 

 

 

ただし

令和に生きる我々から見たら若干粗い部分もある

 

その粗い部分味と見るか時代遅れと見るかはその人次第ってかんじでしょうか。

 

では、これからファーストガンダムのもつ色褪せない魅力について語っていきます。

 

 

 

機動戦士ガンダムとは

 

起動戦士ガンダム」は「マジンガーZ」などとは違うリアルロボットアニメの祖と言われています。

 

従来ロボットアニメは怪獣や異星人といった敵を倒すヒーローものとして制作されることが多かったのです。

 

ロボットアニメ=勧善懲悪のヒーローもの

 

それが当たり前の時代にガンダムは生まれました。

 

対して「起動戦士ガンダム」は勧善懲悪のストーリーではありません。

ガンダムのストーリーの背景

f:id:p_tenchan321:20220207215130j:plain

f:id:p_tenchan321:20220207215143j:plain

この通り、地球連邦ジオン公国戦争がメイン

よって正義も悪もそこには存在しません。

登場するロボットはその戦争の兵器でしかありません。

f:id:p_tenchan321:20220207215354j:plain

f:id:p_tenchan321:20220207215426j:plain

 

正確にはMSはロボットではありませんが。(めんどくさいオタク)

 

 

このようなヒーローとしてのロボットではない、戦争の兵器としてのロボットが登場する作品が、リアルロボットアニメとして言われるようになりました。

 

で、面白いのが「機動戦士ガンダム」(以下ファーストガンダム)以前に出ていたロボットアニメもリアルロボットアニメなのかそうでないのかという区分がなされたのです。

リアルロボットアニメで無い方は、後年はスーパーロボットアニメと呼称されるようになりました。

 

このように、ファーストガンダム以前以後ではロボットアニメの見方自体が多様になったとも言えるのです。

 

 

色褪せない魅力

完璧すぎる1話

 

ファーストガンダムの1話は、SF作品第1話の教科書と呼ばれています。

 

①舞台設定の説明

f:id:p_tenchan321:20220207220822j:plain



②主人公のキャラ付け

f:id:p_tenchan321:20220207220840j:plain



③印象強い敵役の登場

f:id:p_tenchan321:20220207220908j:plain



④事件の発生

f:id:p_tenchan321:20220207220938j:plain



ガンダムとの出会い

f:id:p_tenchan321:20220207220959j:plain



ガンダムの力

f:id:p_tenchan321:20220207221027j:plain



⑦次回への引き

f:id:p_tenchan321:20220207221053j:plain



これらを1話の中で過不足なく行っているのです。

しかもストーリー上まったく説明的にならずに!!

 

これに関しては「エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督をもってしても、「頑張ったけどこれはできなかった」と言わしめたほどなんです。

f:id:p_tenchan321:20220207221310j:plain



 

特にアムロのライバルのシャアの登場。

f:id:p_tenchan321:20220207221427j:plain

 

佇まい

話し方

 

 

クセ強すぎやろ!!ってなりますよね。

こんな印象的なキャラの登場をしても、ちゃんと第1話でやるべきことを無駄なくしている。

 

最初にファーストガンダムを見る人には、もれなく劇場版を見るのをおすすめしているのですが、第1話だけはTV版を見てほしいなとも思うのです。

 

 

 

群集劇のお手本

 

ファーストガンダムの登場人物

 

アムロ・レイ

f:id:p_tenchan321:20220207221726j:plain



 

シャア・アズナブル

f:id:p_tenchan321:20220207221427j:plain



 

ブライト・ノア

f:id:p_tenchan321:20220207222139j:plain



 

このあたりはガンダム知らないって人でも聞いたことあるのではないでしょうか。

 

しかし、ガンダム群集劇

 

ここで紹介したいガンダムの魅力は、こういった有名キャラクター以外もしっかり生きた描写がなされているという点。

 

出てくるキャラクター1人1人がしっかりと物語内で生きています。

そして、その行動の1つ1つから背景まで想像できる余地がある。

 

例えば、アムロの母カマリア。第13話に登場します。

f:id:p_tenchan321:20220207222525j:plain



 

彼女はジオン兵に対して発砲したアムロを攻め立て、挙げ句昔に戻って欲しい情けない子供といった言葉を投げつけます。

 

そして、13話のラストシーン。

アムロと分かれる彼女の後方には車に乗った男性の姿が。

f:id:p_tenchan321:20220207222705j:plain



こういった描写から彼女は、ただただ子供としてのアムロをかわいがっていただけであり、自身の幸せを追い求めるために地球に降りたのではないかという推測ができます。

 

 

なお後年の書籍でこの男性は情夫であると、富野監督は語っています。

 

ただ、彼女にもコロニー暮らしには馴染めないわ、旦那のテムは仕事一筋だわと絶対に事情もあったんだろうな〜。

でも、久々に会った息子に対してあの対応はどうなんだろうな〜。

 

とか、色々想像できますよね。

正解なんてないんです。

だってキャラクターの背景ははっきりとは描かれず、見た人それぞれが思ったことが正解なのだから。

 

これが私が思うガンダム最大の魅力です。

この点に関しては、後のシリーズすべてに言えますが、令和に生きる我々から見ても感情移入できるキャラが多いファーストガンダムはすばらしいと思うのです。

 

細かいところまで取り上げたら、1話ごとに人物の考察できるほど!

 

ちなみに私はカイ・シデンが1番好きです。

 

まとめ

 

後のSF作品すべてに影響を与えたと言われる「機動戦士ガンダム

 

今見てもはっきりとおもしろいと言える作品です。

これだけは自信をもって言えます。

 

物語にこめられたテーマである

 

格差によって起きる戦争

 

 

その解決策としての、人と人とが分かり合う方法

 

これらは現代に生きる我々にもしっかり刺さるものだと思います。

 

そんな不朽の名作である「起動戦士ガンダム

ぜひ、少しでも興味をもったらまずは第1話を見てみてください。

 

そして、面白い!続きが気になる!と思ったら劇場版3部作からの視聴もおすすめ!

 

p-tenchan321.hatenablog.com