少年の心をもった大人

ボードゲーム、カードゲーム、アニメなど少年のための記事と、ガジェット、生活改善など大人のための記事が入り混じってます。

MENU

ダイの大冒険74話感想&ドラクエ要素解説

 

こんにちは。てんすけです。

 

ダイの大冒険ドラゴンクエスト大大大ファンです。

 

p-tenchan321.hatenablog.com

 

今週もダイの大冒険最新話が配信されました。





この記事では最新話の感想ゲームドラゴンクエストの設定が現れているシーンについて解説していきます。

 

 

ダイの大冒険」見るならNetflixAmazonプライムがおすすめ。

www.amazon.co.jp

www.netflix.com

 

注意

ここから先はネタバレあります

 

 

ネタバレ感想

 

おかえり!アバン先生!

 

アバン先生が生きてた!!

 

ダイたちアバンの使徒にとっては、まさに夢のような出来事ですね。

これまで必死に戦い抜いてきたダイたちに対するごほうびなのかもしれません。

 

まさに、神へ祈ったハドラーの成就なのかもしれませんね。

 

しかし、ここで疑問が。

 

どうしてメガンテを唱えたのに生きてるの?

 

 

教会行ったからとかそういうのは無しでお願いします。

 

レオナが言う通り、メガンテを唱えたら身体は粉々になり2度と元には戻りません

 

すると、また衝撃の事実が発覚します。

 

 

生きとったんかい

われえ!!!!

 

 

もう何が起きてるのか情報量が多くてわかりませんね(笑)

 

 

成長した弟子たちへ

今回、復活したアバンが成長した弟子たちへ一言ずつ贈るシーン。

 

これも最高のアニメオリジナル演出でしたね!!

 

特にマァムとアバンのエピソードは、原作ではどうしても他の3人とは薄く武闘家になったことに対して今回褒めてくれたのはすごく嬉しかったです。

 

そして

 

アバンの一番弟子ヒュンケル

 

彼は誰よりもアバンに飛びついて泣き出したかったに違いありません。

 

しかし、彼にはかつて魔道に手を染めたという暗い過去があります。

 

だから、手放しでアバンの元に行くことはできなかったのです。

 

そして、アバン先生は

 

そんなヒュンケルの胸中もしっかり汲み取っていました。

アバン先生にとって、ヒュンケルは自慢の教え子。

悪に手を染めた過去も彼は包み込んで許してくれるでしょう。

 

しかし、それを甘んじて行おうとしないヒュンケルの思いも全肯定する。

 

完成された師弟関係だと感じました。

 

大勇者、死神を圧倒す!

生きていた死神!

 

しかし、アバンはそれも読んでいました。

死神と戦うためにダイたちは先へ行かせて、自ら残ることを選びます。

 

しかも……

 

キルトラップの性質を見抜き、安全にダイたちを城まで向かわせるということも考えての作戦でした。

 

ここまでの頭のキレを見せつけられたキルバーンは、早くも標的をアバン1人に定めます。

容赦なく暗殺に出るキルバーン

 

さらにその上をいくアバン!

 

なんと罠の使い手であるキルバーンに対して、罠で対抗したのです。

 

この行為は、アバン生涯の宿敵ハドラーへの思いもありました。

 

アバンとハドラー

彼らはたしかに死闘を演じた敵同士でした。

 

しかし、彼らの戦いはいつも正々堂々の真っ向勝負

 

p-tenchan321.hatenablog.com

 

特に、こちらの「勇者アバンと獄炎の魔王」を読むとそれがわかります。

ハドラーはいつも前線に出て戦っていました。

 

 

そんなハドラーをアバンは倒すべき敵としてはいたものの、1人の戦士として尊敬の念を抱いていたのに違いありません。

 

真剣勝負を邪魔されたハドラーの無念を彼は死神にぶつけました。

 

キルバーンはアバンが絶対に倒さねばならない敵。

 

これからどのような戦いが待っているのか、どのような決着を迎えるのか楽しみです。

 

 

 

 

ドラクエ要素解説

メガンテの真相

 

アバンがメガンテの爆発から生きていた理由。

それは、フローラからもらったカールの守りの効果によるものでした。

 

ゲームで言う「いのちのいし」と同じ効果でしょうか。

 

ゲームでも効果発揮した時、不思議になるアイテムNo.1です。

 

魔王ハドラーとの戦いに向けて、フローラからもらったアイテムが、弟子たちを守るために機能した。

なんだか、アバンという人間が何を大切にしているのかが表されているエピソードのように思います。

 

それがドラクエに登場する身代わりアイテムを用いて描写されたのが、今回のアバン復活のエピソードでした。

 

 

ドラクエプレイヤーなら、「はいはい、ザオリク」とか予想する所を、アイテムを用いてアバンの人間性を象徴するエピソードにしてしまう三条先生の脚本の上手さに脱帽しかないです。

 

 

次回の見どころ

 

ヒュンケル!?

 

何かに気が付いたヒュンケル。

この発言にも何か彼なりの意図があってのこと。

 

次回でアバンがこれまで何をしていたかが明かされる模様。

 

ヒュンケルとアバン。

 

この2人の関係が大好きなので次回も楽しみです!